宮古市の不動産屋をご紹介します。

各不動産屋さんのホームページで物件情報を掲載しております。

それぞれのサイトにアクセスしてみてください。

 

会社名 住所

開伸不動産

宮古市黒田町6−7
 

井上不動産

宮古市磯鶏1丁目2−40
 

さとう不動産

宮古市花輪第6地割1番地14
東建ハウス(現在HPなし)  
   
宮古市不動産情報

宮古市は岩手県の三陸地方中央に位置する人口約5万3千(平成27年度時)の都市であります。宮古市は漁場や商業が中心の本州最東端の街であります。

宮古地域の主な紹介

宮古地域の主な紹介
宮古市の中心に位置する町は
末広町・栄町・本町・大通り・中央通り・保久田等です。
宮町・長町にもお店は多く
駅から徒歩圏内としましては、南町・小沢・西町・和見町・黒田町・新町・沢田等が該当します。
宮古市田老地区・・・宮古市内より約13キロ離れた地区です。

このページの目次

安心の地元宮古市の不動産屋さん

宮古市の地元

地元宮古市の不動産さんやにお願いする事により、きめ細かく責任をもってご相談にのってもらえます。どうぞお気軽に地元宮古の業者様にご相談ください。

宮古市の不動産の賃貸は

宮古市の賃貸

一般的に不動産の賃貸には住まい目的であるアパート・マンション・戸建て、商業目的である事務所・店舗、その他に駐車場などがあります。契約は月、年、複数年の契約を交わします。宮古市でも不動産屋が仲介に入っての契約が一般的です。

宮古市の不動産の売買は

宮古市の不動産の売買

土地及び建物の不動産の売買。物件には一般的な売り希望者と買い希望者の売買取引の他に、競売にかけられて売買される物件もあります(後述)。取引には登記の変更が必要です。価格、売買時期は売り主と買い主の売買当事者の意思表示によって定まります。宮古市でもそのため相場より安い物件が出る場合もあります。

宮古市の競売物件は

宮古市の競売物件

不動産を所有している人が、その所有物を建てた際に発生した債務を支払えなくなった場合裁判所に差し押さえられ、競売にかけられた物件です。競売によって発生した金額はその債務に充てられます。競売には一般の人も参加する事ができますが、敷居が高いため、一度宮古市の不動産会社にご相談されてみてはいかがでしょう。

宮古市の不動産の賃貸・売買における瑕疵とは

不動産の瑕疵

目に見えない部分に欠陥や故障があった場合、取引する上でこれを一般的には発見が難しいとされた場合に瑕疵担保責任が発生いたします。不具合の程度が重大で補修や改修をしても買主がその建物に住むことができない場合は、さらに損害賠償責任も負うこともあります。 一方で、不動産契約時に売主が知っていた瑕疵について、買主にきちんとその不具合を説明し、納得してもらえれば、売主はその瑕疵について責任を負う必要はないことになっています。

不動産物件の内覧

不動産の内覧

雨漏り
雨が降ると天井からポタポタと落ちてくるような場合もありますが、そのような例を少なく、むしろ建物内部の壁面を伝って各所に漏水の現象が認められる場合が多いのです。建物内部の壁面を伝わった雨水によって部材が腐食したり耐久性能が劣化して建物が危険な状態になる場合があります。
結露
不動産、内覧だけで発見が難しい例
結露とは空気中水蒸気が気温の低下により空気中に飽和できなくなって露を結ぶようになる現象をいいますが、窓枠、外壁面、天窓、空調機回り、給水管回りなどによく発生します。雨水の侵入と間違うほどの多量に発生する場合もあります。 不動産物件、内覧だけで発見が難しい例
漏水
屋内の水道や給水管などから漏水する場合があります。
では最初の段階で確認が比較的可能な事はなんでしょうか
不動産、内覧時確認しておきたい事
床の傾き
床の傾きにはいろいろな原因がありますが、特に地番の傾斜により建物全体が傾く場合が多くなっていいます。内覧時床に(ひどい)傾きがないかどうかチェックをしてみてはいかがでしょうか
不動産、内覧時確認しておきたい事
壁のひび割れ
構造が木造で外壁がモルタル塗りの場合、ヒビが入る事は往々にしてあり、0.2ミリ以下であれば放置しても問題ではありません。
ところが基礎のひび割れは新築であればコンクリートの品質不良、コンクリートの施工不良、コンクリートの構造不良が原因となって発生いたしますが、築年数が経過した建物の場合は経年劣化でのひび割れも発生いたします。
内覧時に壁などのひび割れをチェックしてみてはいかがでしょうか

不動産の敷金

不動産の敷金

不動産を借りるという事は、いつか大家に退去という形で返さなければいけません。部屋を退去するときには原則、原状回復といって、借りている場合にできてしまった傷を直さなければいけません。その時の費用に充てるのが敷金です。入居前にあらかじめ準備金として支払います。退去時の現状回復にかかった費用が差し引かれたお金が戻ってきます。通常は1か月から2か月分です。宮古市の物件の敷金については不動産会社にお聞きになってみてください。

不動産の礼金

不動産の礼金

その名の通り大家さんへの貸してくれた事に対するお礼の金額です。昔は今と違い貸してくれる物件が少なかったのでその名残として残ったのでしょう。通常は1か月から2か月分です。宮古市の物件の礼金については不動産会社にお聞きになってみてください。

不動産アパートタイプ

不動産アパート

1K・・部屋は一つですがキッチンと部屋が仕切られています。
1DK・・1Kよりキッチン部分が広くて、部屋と仕切られている。
1LDK・・キッチン部分が1DKよりも広く、キッチンと部屋が仕切られている。
1DKと1LDKの違いは「キッチンのある部屋の広さ」です。キッチンの広さと表記に関する公的な規定はないですが、一般的にはDKは4.5帖以上、LDKは8帖以上でしょうか。

宮古市の不動産トイレのタイプ

不動産トイレのタイプ

水洗トイレ
下水道や浄化槽に連結している。バキュームカーによる汲み取りを行う必要はありません。
簡易水洗
便槽に貯めます。水洗トイレのように水(水洗トイレよりも少量)で便器を洗い流します。溜まってきた場合バキュームカーによる汲み取りが必要です。 宮古市でも下水道普及率が伸びておりますが、まだまだ簡易水洗の場所もございます。

宮古市の不動産物件を借りる・買う場合のポイント

宮古市の不動産物件を借りる・買う場合のポイント

物件を借りるならより快適で便利な物件を探したいはず
具体的な例をあげてみると
・駅や会社、学校など自分が利用する場所との距離
・近くに生活に必要なスーパーやコンビニ、病院などが近いか
・静かな環境か
建物内に目を向けると
間取りはどうか
日の当たり具体、窓外の景色
バスとトイレは別々か
などなど
そのあたりの条件と自分の予算を考慮してみて一番納得できる物件を探してみましょう。
もし気に入った物件がなかった場合は、焦らず決めずに宮古市内の複数の不動産から物件を紹介してもらいましょう。
また時期のタイミングもあります。3月4月は引っ越しの時期、思わぬいい物件が転がり込んでくるかもしれません。不動産屋さんに色々相談してみるのがいいでしょう。
キッチンのポイント
ホテルでの宿泊とは違い、住まいは当然ですが長期利用です。少しの不便も毎日の事となると不満がたまります。特にキッチン。部屋を下見した時は部屋がきれいだからとか、駅から近いからとかという所に目が行きがちですが、これから毎日使うであろうキッチン設備も、自分のイメージと合っているかどうか考えてみましょう。
家賃以外の諸経費
物件を借りるときは、ついつい毎月支払う家賃にだけ注目しがちです。しかし、なかには大家さんや不動産会社が物件の管理、共有スペースの修理・維持するための「管理費」「共益費」の支払いが必要になることもあります。 宮古市でお部屋を借りる際はそのあたりの諸経費もしっかりとチェックしておいてください。
その他にも夜にもチェックしてみる
昼間の内覧では気が付かない事もあると思います。
夜歩いてみたら以外と道路の街灯が暗かったとか、近くにカラオケスナックあってうるさかったとか。基本自分が歩くと思われるルートを一度通ってみるのもいいかもしれません。
実際にそこに住んでいるイメージを持つことも大切
すでに建てられている物件の場合は、確認も実際にできますよね。設備を実際にみてチェックしてみてください。また壁にヒビがないか、床が傾いてないか、床が必要以上にきしまないかなどもチェックできますよね。逆に汚れの場合はのちに綺麗にする事は可能なので、そこばかりに注意をとられない事が重要です。

不動産売買用語「建蔽率」とは

不動産売買用語「建蔽率」とは

建蔽率とは、敷地面積に対する建物面積の割合のこと。例えば、建蔽率が65%で、敷地面積が100平米の場合、敷地の65平米の部分まで建物を建築出来ます。注意点は、建蔽率の対象となる建物面積は、建物を真上からみたときの面積であることです。

不動産売買用語「容積率」とは

不動産売買用語「容積率」とは

容積率とは、建物の延べ床面積を敷地面積で割って算出される値のことです。例えば、延べ床面積が150平米、敷地面積が100平米の場合、容積率は150%ということになります。容積率は上限が法律で定められており、その率は戸建て住宅と商業地など場所ごとに異なります。

宮古市不動産分譲物件とは

分譲物件とは

不動産会社が売り主となっております。不動産会社が売り主から販売を委託される事もあります。新築のマンションや販売個数の多いまとまった一戸建ては分譲物件となります。 仲介物件 不動産会社はあくまで売り主と買い主の仲介を取り持ちます。販売個数が少ない一戸建てや中古物件などが多いです。不動産会社に仲介手数料が発生いたします。

注文住宅と建売住宅の特徴

注文住宅と建売住宅の特徴

住宅を手に入れるには大別して@注文住宅を建築をする場合とA建売を購入する場合がありますがそれぞれ次のような特徴(長所と短所)があります。 注文住宅の場合の長所は予算の範囲内で自分の思い通りの場所に思い通りの間取りや設備の住宅を作ることはできますが、一方土地の取得、建築士への設計図面や仕様書の作成依頼、構法の決定、施工業者との建築工事請負契約、などの一連の作業をしなければいけません。 建売住宅の場合の長所としては、土地の取得、建築設計から工事管理までの一連の作業が不要となりますが、短所としては画一化されて個性的は間取りや設備は望めません。

不動産【土地・建物】の売買契約に際して注意する事

不動産【土地・建物】の売買契約に際して注意する事その1

重要説明書として売り主の作成した売買家役所案が添付されている場合がありますが、作成者に都合の良い内容になっている場合がありますので内容を十分に確認する必要があります。 契約は売り主と買い主とが対等の立場で自由に意思によって契約をすることが一番望ましいのですが、譲歩を含め話し合いときちんと持つことが大切でしょう。宮古市の不動産会社が仲介を行う場合が一般的ですので、売り主・買い主・不動産会社の納得のいくまで交渉を行う事が大切です。

不動産【マンション】の売買契約に際して注意する事

不動産【マンション】の売買契約に際して注意する事

マンション各戸の所有者(区分所有者)は、マンション各戸の部分についての区分所有権を有します。区分所有権の目的である建物の部分の事を「占有部分」といいます。占有部分以外の建物の部分や占有部分に属さない建物の付属物やマンションの規約に定めた部分を共有部分といいます。占有部分を所有するための建物の敷地に関する権利を「敷地利用権」といいます。 マンションでは一戸建てとは異なり、多数の人が共同生活を営みますから、その所有権も制限のある区分所有権であり、マンション管理規約で使用の制限をうけるほか、マンションの管理費用・維持保全費用・設備その他の修繕費用、長期修繕計画の積立金その他の多くの費用負担があり、マンションの建て替え問題など様々な問題を抱える事になります。これらの問題はマンション管理規約やマンション管理組合によってきめられます。

宮古市不動産「土地のチェックポイント」その1

不動産「土地のチェックポイント」その1

土地は建物を建てるにあたって建築基準法など多くの法令の制限を受けます。一般住宅が建てる事ができない区域もあるので確認が必要です。 建物を建てる際には建築基準法で定められた道路に2メートル以上設置していなくてはならず民法上は通行権が認められていても建築基準法上は建物を建てることはできません。 境界もはっきりしないまま土地を購入すると後々にトラブルの原因となる場合があるので気を付けましょう。

宮古市不動産「土地のチェックポイント」その2

不動産「土地のチェックポイント」その2

土地の登記簿も確認しましょう。通常は不動産業者が用意してくれますが、ないときは所轄の法務局に行くと閲覧することができます。登記簿に記載されている事項のうち、地目については建物を建てることを目的としているのであれば宅地になっている事を確認します。もし農地であれば宅地への転用手続きが必要となります。

宮古市不動産賃貸及び売買契約時にチェックするポイント

宮古市不動産賃貸及び売買契約時にチェックするポイント

「契約の自由の原則」といって個人の契約関係は契約当事者の自由な意思によってその契約の内容や方法を決める事ができるという原則があります。
契約書は契約当事者同士の合意と約束内容を明確にする為の文章です。
「契約の当事者の名前」
誰と誰が契約するのか
「契約成立の時期および有効期間」
いつ契約が成立したか、その効力の有効期間
「契約の目的」
どのような約束をしたいのか
「契約の対象物」
売買や賃貸等の契約対象は何か
「契約の金額と支払い方法」
売買や賃貸の金額(総額)と手付や中間金等の支払い方法
「契約によって発生する権利と義務」
約束が破られたときのペナルティや違約金
「その他の条件」
契約にあたってその他に必要となる重要な事項や特約